戯言がいっぱい。

めもちょー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

Webサイトを新しくするためにGCE+Apache+Git+Cakephp+php7でいろいろやった。

うわーい!とりあえずテストページできました。
http://fe-games.com/

以下はGCEにssh接続でいろいろ四苦八苦しているめもなので、読む必要はまーっっっったくありません。

初期設定により、すでにapacheが入っていることを確認。
$ httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built: Jul 18 2016 15:30:14

起動はしていないので起動。centos7系からはserviceじゃなくなったみたい。
$ sudo systemctl status httpd

とりあえずgitを入れましょうね。
$ sudo yum -y install git

$ git --version
git version 1.8.3.1

うむ。よし。

epel
$ sudo yum install -y epel-release
remi
$ sudo rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
php7
$ sudo yum --enablerepo=remi-php70,epel install php php-cli php-common php-mbstring php-fpm php-gd php-gmp php-mbstring php-mcrypt php-opcache php-pdo php-xml php-mysql php-intl

とりあえずfirewallを切る。
$ sudo systemctl stop firewalld

apacheの画面表示に成功した。


composerいれようず
$ cd /usr/local/bin
$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | sudo php

ということでapacheのところにgit cloneしてcomposer install
$ php composer.phar install

なんかエラーでた。
~~~failed to open stream: Permission denied [CORE/src/Log/Engine/FileLog.php, line 134]

うーん?といろいろ調べて見たらSELinuxが有効になってた。
$getenforce
Enfocing

というわけでセット。
$setenforce 0
Permissive

おー、出た出た。
しかしcssその他もろもろ無効。なんか.htaccess効いてないぽい?
ということで設定ファイル変更し、.htaccessの上書きを可能にする。

$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
$ sudo service httpd restart

いえーい、でけたど!

→http://fe-games.com/
スポンサーサイト
  1. 2016年08月11日 10:35 |
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tera TermでGCPにssh接続する プロジェクト共通sshキー

ホームページ改装したくて、Google Cloud Platform(通称GCP)を検討しようとごにょごにょいじってます。

手順をメモももも。
各インスタンス側でsshを設定するのかと思っていたら違って、プロジェクトごとに共通sshキーがあるということを知って、それはどこじゃいとなって探しました。
あと最後に前回の日記のコメント返信があるので、コメントいただいた方は、見たときにちらっとしてくだされ。

2016081104.png

Tera Termの設定→SSH鍵生成から、鍵生成画面を開く。

2016081105.png

RSA、2048ビットで生成。(たぶんデフォルトのままでよい

2016081106.png

コメントには、今後ログインするログインユーザー名、
パスフレーズにはパスワードを入力(任意でよい)。

そして秘密鍵を保存を選択。
id_rsaというファイルが生成されるので、大切に保管。

中身はこんなんであればOK。かなり長いハッシュ値。当たり前か。

---
ssh-rsa AAAA...(ハッシュ値がずらずら)...== user
---

さて、sshキーを設定するぞよ!と作ったインスタンスを確認。
2016081102.png

ん・・・プロジェクト全体のsshキー・・・だと?
ほほう・・・

どうやらsshキーを個別に設定できるみたいだけど、まあこの後cloudSQLも使いたいし共通かぎがよいな!と探してみたらあった。
2016081103.png

メタデータ→sshキータブのところに発見。ここにさっきのid-rsaファイルの中身を追加。

そしてTera Termを起動して、さっき設定したユーザー名とパスを使いログインを試みる。
2016081108.png
RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う、を選択し、さっき出力したファイルを追加する。


ログイン成功!
2016081107_201608110302106ae.png

続きを読む
  1. 2016年08月11日 03:00 |
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。